京都大学ユースホステルクラブの解散にあたってOB会活動を始めました。

10月5日の東京交流会、11月2日の京都交流会、参加者募集中。

OB会の活動資金、募ってます。

previous arrow
next arrow
Slider

クラブ解散にあたってOB会活動始めました。

1961(昭和36)年以来、58年の歴史を経た、ユースホステルクラブですが、部員不足のため、今年度末(2020年3月末)をもって解散することになりました。多くの部員が過ごした、ボックス(部室)も、大学に返却しなければなりません。

一部のOBの皆さんと相談のうえ、

  1. 解散式を実施する(2020年2月15日)
  2. 解散の記念品を作成する(絵はがきなど)
  3. 部室をきれいにして、OBが集い、思い出の品を返却することができる空間を確保する。「来た時よりも綺麗にして帰る」というユースホステルの精神にのっとって、部室を綺麗にして大学に返却する
  4. 上記の活動のための活動資金を募る(クラウドファンディング)
  5. 活動の記録を残すために、部誌『吉田山』を電子化して公開する

ことを目標に、OB会活動を始めました。

解散式は2020年2月15日(土)午後4時から、時計台で

京大で解散式をやりましょう

式のあとに、同期・周辺世代の集まりを実施しやすいように、午後4時から6時の早い時間に設定してあります。これを機会に、同期、周辺世代の集まりを、併せて企画していただけるとありがたいです。参加者は、11月上旬から募集します。

OB・現役部員は、1960(昭和35)年入学の1期生から、今年度の3回生まで、計650人です。100~200人が集まることが目標です。

東京では2019年10月5日、京都では11月2日交流会を実施します

いきなり、知らない同士が集まっても盛り上がりに欠けるというご意見があり、解散式の前に2つの交流会を企画しました。

  • 東京交流会 2019年10月5日(土)午後4時、新宿区の都議会食堂で
  • 京都交流会 2019年11月2日(土)午後4時、京大吉田南キャンパスの生協吉田食堂で

こちらも、同期会、周辺世代会がこの後、開けるように早めの時間設定です。京都交流会の11月2日は、京都大学の全学ホームカミングデイの日で、学内は卒業生向けの行事で華やかです。

両交流会の申し込みを始めました(7月19日)。
boshu.kyhc@gmail.com まで、表題を「東京交流会出席」あるいは「京都交流会出席」といしたうえで、お名前、入学年、メイルアドレを明記の上にご連絡ください。締め切りは東京交流会が9月21日(土曜日)、京都交流会が10月19日(土曜日)です。

申し込みは、各世代の部長さん、あるいは幹事さんが中心となって、学年、あるいは複数学年で集約していただけるとありがたいです。これを機に、連絡がとれない同期を探してみるもの一興ですが、それぞれの学年ごとに対応はお任せします。

現在、個人情報保護の関係で、大学の同窓会名簿は閲覧できません。すべてのOBに、OB会から直接連絡することは不可能です。ネットワークを利用して、情報を拡散するしか方法はありません。各学年の部長さん、あるいはそれに代わる幹事の方に、情報の拡散をお願いしてあります。今後のお知らせは、学年ごとの部長あるいは幹事さんにお送りいたします。このページをご覧になった方にも、ご自分の学年、あるいは上下の学年への情報拡散をお願いできるとありがたいです。

記念品を作成します

解散式に併せて、記念品(絵はがき、ほか)作成中です。なるべく多くのOBの手に渡るようにしたいと考えています。

OB会の活動資金募ってます(クラウドファンディング)

クラウドファンディングで、活動資金へのご協力をお願いしたい

記念品作成、HP開設、部室の美化、解散式の会場費などの、資金を得るため、趣旨に賛同いただけた方から、若干のご寄付を賜りたいと思います。

幹事団の皮算用は、3000円×100人で、30万円です。余裕があれば、もう少し、奮発していただけると、ありがたいです。

募集方法は2つ。

  • クラウドファンディングサイト(Readyfor)で、カード決済など
    サイトはこちらから。(募金のさらに詳しい趣旨などもこのページにあります)。8月8日まで限定。
  • 銀行振り込みで
    みずほ銀行出町支店 普通口座 3004365 
    (口座名義)京都大学ユースホステルクラブOB会

クラウドファンディング、募金は、OBのネットワークをさらに広げることも意図しています。お礼の品は、上記で言及した「絵はがき」です。ボックスを描いたデザインです。


▲ 絵はがき

部室(ボックス)を綺麗にして、OBが思い出に浸れる空間にします。部室を綺麗にして大学に返却します

ボックスなのですが、ここ数年、あまり部活動が活発でなかったこともあり、廃墟に近い状態です。
物があふれ、天井は30年前の火災のまま真っ黒です。
 
ゴミ屋敷(!)整理業者に依頼して、ゴミ整理して、天井を綺麗に塗装して大学に返却したいと思っております。
「来た時よりも美しく」のユースホステル精神にのっとって、ボックスを美化したいと思います。

ボックスには、写真・アルバム多数が残されています。
OBが集い、これらを鑑賞する空間に改装できたらと考えてます。
思い出の品々は、引き取る方があるものは引き取ってもらってから、処分したいと思います。

部誌『吉田山』を電子化しました!

61号まで続いた『吉田山』。クラブ解散にあたり、活動の記録を残すために電子化しました。PDFを開くためには、パスワードが必要です。

パスワードは、各学年の部長さん、あるいは、幹事さんにお伝えしてあるつもりですが、分からなければ、問い合わせフォームで、お問合せください。

欠号をお持ちの方は、ご連絡いただけるとありがたいです。

部誌『吉田山』

部長PDF
『創部25周年記念誌』(1988年)
『ユースホステル運動を考える』(1966年)
『続ユースホステル運動を考える』(1967年)
1期(1961-62年)庄治1号
2号
2期(1963年)3号
4号
5号
3期(1964年)石村6号
7号
4期(1965年)中野8号
9号
10号
5期(1966年)黒木11号
12号
6期(1967年)13号
14号
7期(1968年)浜野15号
8期(1969年)吉村16号
9期(1970年)松永17号
10期(1971年)三好18号
11期(1972年)重松19号
12期(1973年)土居20号
13期(1974年)横塚21号
14期(1975年)石川22号
15期(1976年)金島23号
16期(1977年)中村24号
17期(1978年)重岡25号
18期(1979年)牧口26号
19期(1980年)松下27号
20期(1981年)宮本28号
21期(1982年)高田29号
22期(1983年)中川30号
23期(1984年)金本31号
24期(1985年)森田32号
25期(1986年)松本33号
26期(1987年)森岡34号
27期(1988年)前田(喜)35号
28期(1989年)若林36号
29期(1990年)前田(敬)37号
30期(1991年)衛藤38号
31期(1992年)39号欠号
32期(1993年)魚田40号
33期(1994年)横田41号
34期(1995年)田中42号
35期(1996年)43号
36期(1997年)立山44号
37期(1998年)上田45号
38期(1999年)円界46号
39期(2000年)小西47号
40期(2001年)馬場48号
41期(2002年)古田49号
42期(2003年)鈴鹿50号
43期(2004年)松田51号
44期(2005年)田井中52号
45期(2006年)渡辺53号
46期(2007年)井上54号
47期(2008年)北野55号
48期(2009年)松木56号
49期(2010年)大村57号
50期(2011年)松原58号欠号
51期(2012年)広橋59号欠号
52期(2013年)大谷60号発行なし
53期(2014年)長谷川61号発行なし
54期(2015年)大越智発行なし
55期(2016年)宮内発行なし
56期(2017-18年)(南雲)発行なし
57期(2019年)久保発行なし

お問い合わせ

お問い合わせいただきました内容は、当会の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。
詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。